『 明日のための電子申請
  未来のための省エネ建築 』

常設会場:本社・支社・支店 定期的開催 
外部会場:札幌、仙台、金沢、富士、一宮 他

一級・二級・木造建築士定期講習
構造設計一級建築士定期講習
設備設計一級建築士定期講習

省エネルギー適合性判定

省エネ適合性判定とは?
(国土交通省講習会資料:建築物省エネ法の概要)
【最新情報一覧 NEW!】
→省エネ適合性判定はKSオンライン(来社不要のオンライン申請窓口)でも受付が可能となりました!
※窓口に来なくても事務所まで済証等が届くと御好評頂いております!
→省エネ適合性判定の書式「計画書」等を、申請書式一覧よりダウンロードして頂けます。こちら
→(NEW)KSゼミナール「省エネルギー適合性判定の概要」を東京・大阪・名古屋にて開催致します
→国土交通省のホームページに「建築物省エネ法の詳細説明会」のテキスト等が掲載されました!詳しくは→こちら
 ※建築物省エネ法に係る適合義務(適合性判定)・届出マニュアル 
  工事監理マニュアル(省エネ基準工事監理報告書) 工事監理確認書類例
  省エネ適判設計図書の記載例 省エネ適判申請図書例等も掲載されています!

  • 省エネ適合判定

  • 建築士定期講習

  • 電子申請でもっと便利に

  • 業務区域拡大でより身近に

  • 即戦力な人材募集

  • 適判不要のルート2審査

  • トップ

お知らせ H30.9.21

建築確認検査「確認検査 業務手数料が変わります(平成30年10月1日より)」

確認検査業務における品質の維持向上を図るために、確認検査業務手数料の改定を実施致します。今後、より質の高いサービス(遵法性)の提供を行い、併せて社内の業務処理の効率化も進めて参りますのでよろしくお願い致します。

改訂概要
(1)申請手数料表に係る特記事項の改定(審査手数料加算項目・割合等の改定)
(2)首都圏の料金区分改定

H30年10月1日付の手数料表はこちら

※お問い合わせは営業部(052-238-9766)までお願いします。

重 要 H30.9.20

建築基準法等の一部改正に伴う確認申請書第3面等の様式変更について

建築基準法等の一部が改正され、平成30年9月25日に施行されます。
これに伴い、確認申請書等の様式が一部変更となります。
平成30年9月25日以降に申請される確認申請書等については変更後の様式にてご提出をお願いいたします。
詳しくは申請書一覧をご覧ください

お知らせ H30.6.21

平成30年7月9日より「BELS評価業務」に係る様式を改定いたします。

平成30年7月9日以降のご申請は、新様式でお願いいたします。
→新様式はこちら

お知らせ H30.6.18

フラット35平成30年7月1日よりフラット35の申請手数料を改定いたします。

平成30年7月1日よりフラット35の申請手数料を改定いたいます。
詳細はこちら

お知らせ H30.6.18

平成30年7月1日より「長期優良住宅の技術的審査依頼書(変更を含む)」の様式を改定いたします。

平成30年7月1日以降のご申請は、新様式でお願いいたします。
→新様式はこちら

業務一覧

建築確認検査

フラット35

省エネ適合性判定

構造計算適合性判定

性能評価・構造安全審査

耐震診断・防災評定

構造特別評価

定期講習 一級・二級・木造建築士

定期講習 構造一級建築士

定期講習 設備一級建築士

住宅性能評価

BELS

長期優良住宅

低炭素建築物

CASBEE評価認証

建築物省エネ法30条認定

建築物省エネ法36条認定

贈与税の非課税措置

住宅瑕疵担保責任保険

すまい給付金制度

このページのTOPへ